コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

中国人被害者が敗訴=チチハルの旧日本軍毒ガス事故―東京地裁(時事通信)

 中国黒竜江省チチハル市で2003年、旧日本軍の遺棄した毒ガス兵器で中国人が死傷した事故をめぐり、被害者と遺族の計48人が日本政府に約14億円の損害賠償を求めた訴訟の判決が24日、東京地裁であった。山田俊雄裁判長は「被害は甚大だが、国の法的責任は認めがたい」として、請求を棄却した。
 判決で山田裁判長は、旧日本軍が駐屯したチチハル市で毒ガス事故が起きることを、日本政府は予見できたと指摘。その一方で「遺棄は中国本土の広範囲にわたり、可能性のある地域すべてを調査するのは困難だった」と判断した。
 事故は03年8月に発生。建設現場で掘り出されたドラム缶から毒ガスが漏れるなどし、1人が死亡した。原告弁護団によると、負傷した43人は筋力や記憶力が低下し、職を失うなどした。 

浜教組の行為は教育介入 自民・義家議員が指摘(産経新聞)
<放送法改正案>衆院で可決(毎日新聞)
自殺・うつ病対策で企業評価向上=厚労省PTが報告書公表(時事通信)
「親族優先」初適用 亡夫の角膜移植へ(産経新聞)
<口蹄疫>ワクチン接種ほぼ終了 進まぬ「牛豚ゼロ地帯」(毎日新聞)
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

警察庁「即遮断」、総務省「条件付き」 児童ポルノブロッキング手法で対立(産経新聞)

 児童ポルノがネット上で流通するのを防止するため政府が導入を検討している業者による接続の強制遮断(ブロッキング)の手法をめぐって、警察庁と総務省で見解の相違がでている。「違法画像は即遮断」と考える警察庁に対し、総務省は「通信の秘密を守ることも大切」と条件を付けているためだ。政府は来月の犯罪対策閣僚会議での方針決定を目指していたが、導入時期や実効性は不透明となっている。

 ≪「通信の秘密侵害」≫

 ブロッキングは、取り組みの遅れが各国から批判されてきた日本の児童ポルノ対策の目玉施策として、総務、警察を含む関係7省庁で協議、今月21日の基本案策定を目指していた。

 ところが、その手法をめぐり、警察、総務両省庁のすりあわせがつかず、省庁間の協議は難航。「水面下でぎりぎりの折衝が続けられている」(内閣府関係者)状況となっている。

 総務省は、ブロッキングを「通信の秘密を侵害する違法行為」と位置づけてきた。そのため実施にあたっては、「違法行為を免除する根拠付けが必要」とし、「サーバーが海外にあるなど、警察の捜査が及ばないケース(緊急避難)に限る」-といった立場から基本案を準備してきた。

 大手接続事業者4社を集めて総務省で開いた会合で、同省の内藤正光副大臣は、ブロッキングを今年度中に条件付きで導入する方針を示す一方、「捜査や削除など、ほかの方法では児童の権利を十分に保護することができないこと」-など4つの条件を明示した。

 ≪半永久的に被害者≫

 これに対して警察庁は、「児童ポルノ禁止法に規定された違法な画像」であれば(1)サイト上で発見次第ブロッキングする(2)サーバーの所在が国内外どこにあろうと適用する-の2点を求めている。 

 警察庁幹部は「画像が流れると完全に除去するのが極めて困難で、撮影された児童は半永久的に被害者として傷つけられる」と指摘。その上で、総務省の見解について「すでに捜査に着手していたり、接続事業者などに削除を要請している場合には、適用できないことになる。検挙や削除までに早くても数週間を要するのが現実で、速やかに遮断できなければ、対策の実効性が確保できない」と主張している。

 対策案をとりまとめる内閣府関係者は「両者が折り合うのか、先行きは見えない」と憂慮している。

 ≪社会的理解を…≫

 インターネット接続業者は、日本インターネットプロバイダー協会が18日、ブロッキングについて「好ましいものではないが、やむを得ない」と容認する姿勢を示した。しかし、通信の秘密の保護などの観点から「規制が児童ポルノ以外に及ばない仕組みが必要」という声が強い。

 ニフティの丸橋透法務部長は今月、ネットによる人権侵害をテーマにした催しの席上、「(さまざまなサイトの入り口の)ポータルサイトがブロッキングの対象になったら、問題ないサイトも見られなくなる危険がある」と懸念を示した。

 別の関係者は「サイトのごく一部に児童ポルノが含まれる場合、そのサイト自体を遮断すれば表現の自由も問われてしまう。ブロッキングのリストは業界が作るのは無理で、行政が社会的理解を取り付けてほしい」とも訴えている。

                   ◇

【用語解説】ブロッキング(強制遮断)

 ネット接続事業者(プロバイダー)が、サイトを閲覧しているユーザーに了解を得ることなく、特定のサイトへの接続を遮断すること。第三者であるプロバイダーが接続先を特定するため、憲法21条で定める「通信の秘密」を侵害するとの見解がある。英国などで導入されている。事業者が設備を整える必要があり、費用負担が生じる。

【関連記事】
「漫画児童ポルノ規制」条例へ否定的意見が9割
P2P観測システムで特定 児童ポルノ所持容疑で逮捕
2次元児童ポルノ規制条例 「都の恥」「規制は進歩」 参考人招致で百家争鳴
ネット掲示板にポルノ画像 男子高校生ら27人摘発
「しずかちゃんの入浴」「エヴァのヌード」はOK 都2次元児童ポルノ規制条例
中国が優等生路線に?

口蹄疫拡大 赤松農水相「初動の遅れない」(産経新聞)
<食中毒>「くら寿司」京都外大前店、3日間の営業停止(毎日新聞)
羽生名人、4連勝でタイトル防衛(読売新聞)
裁判員制度 守秘義務、対象事件 見直し論高まる(産経新聞)
展望台から落下、7人負傷=木製で腐食、ホテルの庭で―山梨(時事通信)
コンテントヘッダー

児童ポルノサイト遮断、年度内に=法的課題を整理-総務相(時事通信)

 原口一博総務相は7日の閣議後会見で、インターネット接続業者などが児童ポルノ掲載サイトへの接続を遮断する「ブロッキング」について、「民間が自主的取り組みを推進するための環境整備を図ることが重要」と述べた。法的な課題を整理し、今年度中にブロッキングを実施できる環境を整える方針だ。 

【関連ニュース】
サイバー攻撃対応で国際協調=APEC合意へ日米主導
ランキングサイトを削除要請=児童ポルノ紹介、運営4社に
郵政改革法案を閣議決定=来秋、3社体制に
女子中生にわいせつ行為=容疑で43歳会社員逮捕
買春容疑で陸自隊員ら逮捕=女子中学生2人相手に

「ルノワール-伝統と革新」展 国立国際美術館(産経新聞)
患者のカードで空気清浄機=詐欺容疑、看護師逮捕-三重県警(時事通信)
コンビニ強盗、店員が説得→逃走 大阪(産経新聞)
パトカー追跡のバイクが事故=高校生2人けが-鹿児島(時事通信)
ネット取引急増、個人投資家450億申告漏れ(読売新聞)
プロフィール

いちのへきよいち

Author:いちのへきよいち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。