コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

JR北海道 新幹線に貨物車丸ごと搭載…研究車両公開(毎日新聞)

 貨物用の新幹線車両に在来線の貨物車両を丸ごと搭載する「トレイン・オン・トレイン」の研究車両が21日、JR北海道苗穂工場(札幌市中央区)で報道機関に公開された。北海道新幹線が開業すると青函トンネル区間は新幹線と貨物列車が共用するため、速度の遅い貨物列車は運行本数の削減が予想される。JRは「トレイン--」の実現により、同等の輸送能力の確保を目指す。

 「トレイン--」は、空洞の新幹線貨車内に、専用の機関車が引く貨物車両が収まる仕組みで、これまでの倍以上の時速約200キロで走行する。新幹線用線路の「標準軌」は在来線のレール幅より368ミリ広いため、在来線レールを切り替える階段状の「ダブルトラバーサ」が水平にスライドすることで、レールの切り替えを短時間で実現する。

 シミュレーションでは、新幹線の運行が1時間間隔の場合、在来線の貨物列車は3本しか運行できないが、「トレイン--」は7本の運行が可能。また、新幹線ダイヤが30分間隔になると不可能だった貨物運行が、2本できる計算になる。

 貨車に自動車を積み込む「カートレイン輸送」が新たに可能となり、北海道と本州との交流拡大が期待できるほか、在来線線路の保守管理コストの低減などのメリットもあるという。【仲田力行】

【関連ニュース】
北海道新幹線:札幌延伸訴え副知事に親書--キャラバン隊 /青森
北海道新幹線:札苅トンネルで工事安全祈願祭--着工5本目 /北海道

普天間移設問題 「県外」要求意見書 沖縄県議会が可決(産経新聞)
地域医療機能推進機構法案の早期成立で要望書-関係自治体など(医療介護CBニュース)
花粉症による精神的負担、「10万円以上」が14%(医療介護CBニュース)
雑記帳 江戸時代のオランダ料理再現 岩手・一関(毎日新聞)
「銅」高橋の母「私にとっては金メダル以上」(読売新聞)
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

<皇太子さま>「これからだという思いで」…50歳に (毎日新聞)

 皇太子さまは23日、50歳の誕生日を迎えられた。これに先立つ会見で、皇太子さまは「もう50になったのかという感じがする一方で、まだまだ研さんを積まないといけないという、これからだという思いが致しております」と感想を述べた。

 また、天皇陛下が50歳になった83年12月の会見で述べた「夫子(ふうし)の道は忠恕(ちゅうじょ)のみ」という論語の一節を引用し、誠実さと他人への思いやりの大切さに触れ、世の中のため、人のために「私としてできることをやっていきたい」と述べた。

 象徴天皇のあり方については「国民と苦楽をともにしながら国民の幸せを願い、象徴とはどうあるべきか、その望ましいあり方を求め続けるということが大切」とし、皇室の今後については「過去からさまざまなことを学びながら将来の皇室のあり方を追い求めていきたい」と述べた。

 療養が続く雅子さまに関しては「着実に快復」に向かっているとし「間近で見ていて、雅子の一生懸命努力している様子や、よくなってきている様子がよく分かります」と話した。しかし、まだ治療が必要としたうえで「さらなる快復に向けて支えていく」と心情を表した。東宮職医師団が示した見解で、私的な外国訪問の検討も必要との指摘に対しては「周囲の人たちとも相談しながら、雅子とともに考えていきたい」と話した。【真鍋光之】

<平野官房長官>19~20日に沖縄訪問(毎日新聞)
新たに会社役員逮捕=弁護士脱税事件-東京地検(時事通信)
北海道や大阪、愛媛の警察 「検挙情報」をネット公開(J-CASTニュース)
<脱税容疑>シティ元幹部を告発 東京国税局(毎日新聞)
捕鯨問題、外交解決目指す=NZ外相と電話会談-岡田氏(時事通信)
コンテントヘッダー

偽装認知で比人ホステスら逮捕=子供に日本国籍-兵庫県警(時事通信)

 虚偽の認知届を提出したなどとして、兵庫県警姫路署などは24日、電磁的公正証書原本不実記録などの容疑で、兵庫県姫路市佃町、フィリピンパブ経営八木宣裕(58)、フィリピン国籍で同所のホステス、マリセル・カーリム・ドゥムラオ(30)、同市広畑区城山町の建設作業員、津山美雄(42)の3容疑者を逮捕した。
 逮捕容疑は、3人は共謀しマリセル容疑者が妊娠していた2008年12月、津山容疑者が父親だとする虚偽の認知届を姫路市役所に提出。男児が生まれた昨年1月、同市役所に出生届を提出し虚偽の記録をさせた疑い。
 同署は、男児に日本国籍を取得させ、養育を理由にマリセル容疑者が日本で働き続けられるようにする目的があったとみて詳しく調べている。 

【関連ニュース】
偽一万円札使用容疑で男逮捕=大量印刷、1枚目で発覚
偽札使用容疑で仏国籍の男逮捕=都内で20枚見つかる

<警察>相談情報を記録し集約管理へ ストーカーなど対応で(毎日新聞)
久保が勝ち3勝1敗=将棋王将戦(時事通信)
複数分野束ねる「基礎番号」検討=社会保障と税の共通制度で-第2回検討会(時事通信)
築地移転「時間多くない」 知事、新市場に改めて意欲 都議会開会(産経新聞)
<温室効果ガス>家庭部門では半減 25%減へ国内のみ試案(毎日新聞)
コンテントヘッダー

全日空 定期点検怠り欠航 羽田-三宅島など(毎日新聞)

 全日空は17日、グループ会社エアーニッポンネットワークが運航する双発プロペラ機ボンバルディアDHC8-Q300型機(乗客56人乗り)3機で、規定された部品の定期点検をせずに運航していたことを明らかにした。このため同日、札幌の丘珠空港を発着する6便が欠航、約260人に影響が出たほか、18、19両日に羽田-三宅島の計4便が欠航、約80人に影響が出る見込み。

 全日空によると、Q300型は米連邦航空局の規定で、プロペラの角度を変えるための部品を1万500飛行時間ごとに定期点検しなければならないが、機体購入時、コンピューターに点検時期の設定を忘れていた。不具合の修理で発覚、点検時期を約1200~1900飛行時間(通常運航で200日~1年に相当)オーバーしていた。

 全日空はQ300型を5機所有しているが、残り2機はまだ点検時期になっていないかった。【平井桂月】

【関連ニュース】
全日空機:副操縦士ライセンス忘れ足止め 韓国で4時間半
航空トラブル:NZ機が離陸滑走中に急停止し煙 成田空港
スカイネットアジア機:車輪トラブル 手動で出し羽田着陸
全日空:日航への公的資金に懸念 伊東社長が国交省に表明
<全日空の特別塗装機>「モヒカンジェット」20年ぶりに復活

地元応援グルメ花盛り!長島銀メダルお好み焼き登場(スポーツ報知)
軽い気持ちで… 大麻少年の具体的事例(産経新聞)
お祝いすると父娘仲良く? =「ひな祭り」ネット調査-カルピス(時事通信)
<農水省>データ捏造で職員を追加処分(毎日新聞)
お釈迦様もビックリ!! 「特大天井画」を寺院に奉納 山梨・市川(産経新聞)
コンテントヘッダー

閉店後ゲームセンターで強盗=刃物突き付け510万奪う-東京(時事通信)

 22日午前5時15分ごろ、東京都練馬区錦の商業ビル5階にあるゲームセンター「トーホーレジャープラザ」で、閉店後に客を装って侵入した男が男性従業員(23)に刃物のようなものを突き付けて脅し、金庫から現金約510万円を奪って逃走した。けが人はいなかった。
 警視庁光が丘署が強盗事件として男の行方を追っている。
 同署によると、男は従業員を脅し、事務所に案内させ、中にいた男性店長(36)を脅迫。金庫を開けさせ、持っていたバッグに現金を詰めて逃げた。店内には従業員が5、6人いたという。
 男は40代で、身長160~165センチ。黒色のサングラスを掛け、キャップ帽に上下とも黒っぽい服を着ていた。 

【関連ニュース】
【動画】ティファニー強盗、映像公開
元Jリーガーを釈放=任意で捜査継続
知人女性を殺害、財布など奪う=強盗殺人容疑で男逮捕
「金なくなり自暴自棄に」=竪山容疑者を送検
男が飛びげり、60万円奪う=会社役員、頭などにけが

<警察>相談情報を記録し集約管理へ ストーカーなど対応で(毎日新聞)
伊丹空港問題 橋下知事の話は竜宮城的?(産経新聞)
ハイチ派遣自衛隊が活動開始(産経新聞)
子ども手当「23年度は満額」 首相が強調(産経新聞)
東京・練馬でアパート火災、幼児2人死亡(読売新聞)
コンテントヘッダー

<訃報>田中常夫さん82歳=元日本陸上競技連盟理事(毎日新聞)

 田中常夫さん82歳(たなか・つねお=元日本陸上競技連盟理事)18日、膵臓(すいぞう)がんのため死去。葬儀は20日午後1時、佐賀県基山町小倉999の1のコスモホールきやま。自宅は同町小倉402の6。喪主は妻美智子(みちこ)さん。

全国5番目の規模の河内大塚山古墳は未完? 初の立ち入り調査(産経新聞)
<少年犯罪>検挙率が6年連続減少(毎日新聞)
映画「天皇伝説」の渡辺監督を書類送検 無断でポスター掲示で略式命令(産経新聞)
<五輪フィギュア>小塚選手にエール…元五輪代表の父(毎日新聞)
全国5番目の規模の河内大塚山古墳は未完? 初の立ち入り調査(産経新聞)
コンテントヘッダー

小沢氏訪米までに普天間解決を=細野氏(時事通信)

 民主党の細野豪志副幹事長は13日のTBSテレビの番組収録で、小沢一郎幹事長が5月の大型連休中の訪米に意欲を示していることに関し「米国に行っても小沢幹事長は米軍再編(普天間飛行場移設)の問題についてはコメントしたくないと思う。それまでに政権でこの問題を解決してもらいたいという意思表示だ」と述べた。 

刑務官殴りけが負わす=30代受刑者を書類送検-北海道・帯広(時事通信)
<労働者派遣法>改正案要綱、17日に諮問(毎日新聞)
雪 関東甲信で降雪 都心でも積雪(毎日新聞)
「5億円送金しろ…」浜崎あゆみさん宅に脅迫文(読売新聞)
助産外来と院内助産の課題、「助産師育成」が7割(医療介護CBニュース)
コンテントヘッダー

オーロラ 極寒の空彩る マッキンリー山(毎日新聞)

 山の端がゆっくりと色づき始め、やがてはっきりとした光の帯が現れた。極地の夜を彩るオーロラだ。水に垂らしたインクのように縦横無尽に空を染めていく。

【特集】よくわかる!オーロラ講座

 北米最高峰のマッキンリー山(6194メートル)の南に広がるルース氷河。周囲は3000メートル級の山に囲まれ、地元では円形劇場と呼ばれている。

 米アラスカ州南部の町タルキートナから軽飛行機で移動し、雪でかまくら状の家を作り1カ月過ごした。1月23日深夜は完ぺきな静寂に包まれていた。月光を浴び、辺りの風景が浮かび上がった。10キロ離れた山並みがミニチュアのように見える。氷点下30度の極寒だが、心が熱くなった。【写真・文 松本紀生(写真家)】

【関連ニュース】
【特集】よくわかる!オーロラ講座中級編
【関連写真】昭和基地のオーロラ
【関連写真】南極のオーロラと満天の星空
【写真特集】暖かな破局 刻一刻と進む地球温暖化 アラスカのオーロラも

<留萌市長選>高橋定敏氏が無投票で再選(毎日新聞)
移転せず再整備を=反対派グループが提案-築地市場問題(時事通信)
北が送金 朝鮮学校へ460億円 半世紀以上 高校無償化に影響(産経新聞)
頭から流血、女性ひき逃げ死…茨城・龍ヶ崎(読売新聞)
イラン人密売組織のリーダー逮捕=住宅街で薬物密売-警視庁(時事通信)
コンテントヘッダー

<国庫負担金>4400万円国に返還へ 三重・鈴鹿(毎日新聞)

 生活保護制度を悪用し、男2人が三重県鈴鹿市から約600万円をだまし取ったとされる詐欺事件に関連し、同市は15日、だまし取られた保護費とは別に、新たに書類不備などによる不適切な支給が見つかったとして国庫負担金約4400万円を国に返還することを明らかにした。市議会全員協議会で川岸光男市長が報告した。

 市によると、04~07年度の4年間に支給した通院移送費など一時扶助費は約1万4000件、計約1億2247万円があったが、市が事件を受けて関係書類を精査したところ、給付に必要な意見書が添付されていないなどの書類不備が約8100件に上り、約5850万円の不適正支給が分かった。生活保護費は市が4分の1、国が4分の3を負担しており、国負担分の約4387万円を返還する。

 3月末までに返還の予定。川岸市長は、自身の月給20%を1年間減額し、市職員からも寄付を募る考えを示した。市は昨年6月、同事件でだまし取られた約600万円については、国負担分約448万円を国に返還している。【大原隆】

【関連ニュース】
詐欺容疑:ゴルフ会員権販売社長ら11人逮捕
台湾プロ野球:県議長起訴、国民党が除名処分 八百長事件
神奈川歯科大詐欺:元理事の被告 一部無罪主張 初公判で
詐欺:暴力団の会津小鉄会会長に有罪判決…京都地裁
4000万詐取:広尾病院職員 都が懲戒免

【宮家のご公務】常陸宮ご夫妻、昭和天皇記念館ご視察(産経新聞)
「検察捜査で明らかに」小沢氏、政倫審に慎重(読売新聞)
<足利事件>謝罪論告わずか1分 菅家さん表情硬く(毎日新聞)
小沢氏の不起訴不当申し立て=検察審査会に-陸山会事件(時事通信)
「余命2年」の被告に懲役3年、妻暴行死で(読売新聞)
コンテントヘッダー

<異物混入>1月以降連続5件 埼玉のスーパー「マルエツ」(毎日新聞)

 埼玉県内のスーパー「マルエツ」2店舗で14日、食品から縫い針などの異物が相次いで見つかった。県内の「マルエツ」では1月9日以降、食品から縫い針やカッターの刃が見つかる事件が3件あり、いずれもけが人はなかった。県警は偽計業務妨害容疑で捜査している。

 県警によると、同県朝霞市の「マルエツ朝霞店」で、午前中にパック入りひき肉を購入した女性が、自宅で調理した際、縫い針(長さ約3センチ)が交じっていることに気付いた。さらに同県伊奈町の「マルエツ伊奈店」でも、紙パックに入った野菜ジュースが漏れていることに購入者が気付き、店が金属探知機で調べると、ホチキスの針がパックに刺さっていた。【岸本悠】

【関連ニュース】
異物混入:おでんパックにカッターの刃 埼玉のスーパーで
縫い針:食パンに 三重・四日市のジャスコ
おでんに縫い針:「紀文」製品標的か 自主回収も 千葉
偽計業務妨害:おでんパックにカッターの刃--埼玉のスーパー
偽計業務妨害:食品にまた針 埼玉のスーパー、2日続き

鳩山首相 「党の判断ある」石川議員進退で(毎日新聞)
<大阪府医師会長>民主支持の元副会長、伯井俊明氏が初当選(毎日新聞)
薬物密売グループの指示役を逮捕 西武線沿線で販売(産経新聞)
司法過疎地で相談千件、29歳弁護士奮闘(読売新聞)
夫の相続2億円隠す 妻「命にかえて残した」 大阪国税局が告発(産経新聞)
コンテントヘッダー

ギャンブルでなく…知的トレーニング競馬のすすめ (産経新聞)

 【高橋昌之のとっておき】政治と競馬(下)

 このように、私は政治の予想のトレーニングとしても、競馬を楽しんでいるわけですが、決して競馬で大もうけしようとは思っていません。私は平成7年の有馬記念(マヤノトップガンが優勝)で馬券を的中したのがきっかけで競馬を始め、もう14年余りになりますが、「競馬で大もうけし続けることはできない」ということはよく分かっているつもりです。

 競馬は売上金の75%を配当金としていますから、確率論から言えば、25%は損をすることになります。ただ、私がひとつ自慢させていただくと、競馬を始めて以来、つねに黒字で収支を終えていることです。もちろん大もうけではなく、かろうじてという感じですが、確率論を上回る結果を出せているわけです。

 ここで私の競馬の仕方をご紹介したいと思います。まず、賭けるレースは土日のメーンレースのみです。なぜなら、他のレースは知らない馬が多くて予想が難しいからです。そして、ポイントはひとつのレースに賭ける金額を決めていることで、通常のメーンレースは1000円、重賞レースは3000円、G1レースは6千円といった具合です。

 ギャンブルで怖いのは、負けたら取り返そうとして、多くの金額を賭けてしまうことです。当たればいいものの、外れれば失う金額はどんどん増えてしまいます。心理的にも楽しむというよりは、当たらなければどうしようと不安の方が大きくなり、楽しむことができません。外れても仕方がないと思える範囲内で、賭けることがギャンブルを楽しむ秘訣(ひけつ)です。

 日本で唯一、ギャンブル学を研究している谷岡一郎大阪商業大学教授がテレビ番組で語っていたことがあります。それは「私はギャンブルを研究してきたが、必ず勝てる法則はない。ただ、ギャンブルを通じて人生に勝つ方法はある。絶対に当てなければならないと思う賭け方をしている人は、楽しみより苦しみの方が大きい点で人生の面ですでに負けており、外れても仕方がないが、当たればうれしいという賭け方ができている人は、人生に勝っていると言えます」ということです。私もそう思います。

 次のポイントは、競馬の賭け方には単勝、複勝、馬連、馬単、3連単などさまざまありますが、私の場合は馬連が中心です。というのは、競馬は基本的に馬という生物が先頭を走りたいという本能を利用したスポーツなので、1着、2着までは予想しやすいのですが、3着となると予想できないような馬が飛び込んで来るケースがかなりあります。それで1着、2着の組み合わせで賭ける馬連にしているわけです。

 第3のポイントは、的中した場合、掛け金が3倍になるように、当初の予想をもとに最終的にはオッズ(配当率)で判断して、何点買うかを決めるということです。オッズが出る前にどういう組み合わせを何点買うか、あらかじめ決めておくのですが、レース直前にオッズをあてはめてみて、的中すれば賭け金が3倍になるように点数を絞り、賭け金も変えます。

 こうすると、3レースのうち、1レース当たれば元はとれ、それ以上の割合で的中すればプラスになります。この程度が競馬で的中の喜びを適度に味わえ、収支もプラスになる可能性があると思っているわけです。

 最後に私の秘策をご紹介します。弊社が発行している「競馬エイト」の宣伝のようで恐縮ですが、競馬エイトには勝利のカギが隠されています。それは調教欄の評価で「8」がついている馬には賭けた方がいいということです。調教状況は5~8点で評価されているのですが、「8点」はたまにしかつかない、つまり極めて状態がいいという評価を示しています。過去の戦績がいい馬なら「大本命」、戦績が良くなければ「狙うべき穴馬」となります。ぜひご参考に。

 以上が私なりの競馬の楽しみ方のポイントです。こうした節度をもってやれば、競馬はギャンブルというより、予想を楽しむという点で知的な娯楽であり、観戦する人々に感動を与えるスポーツで、「スポーツオブキングス」と言われることもあります。

 競馬の起源は古く、馬の速さを競わせることは有史以前、馬が家畜化されたころから始まり、現在のような競馬場で行われる「近代競馬」は16世紀に英国で始まり、その後、欧州各国に広がりました。欧州では当初は貴族、現在でも紳士、淑女の娯楽として親しまれており、単なるスポーツやギャンブルというだけでなく、絵画や彫刻の題材として取り上げられるといった文化も形成しています。

 その知的娯楽である競馬をまだやった経験がない方はぜひ、一度、お金を賭けても、賭けなくてもいいのでやってみてください。食わず嫌いの方もいらっしゃると思いますが、体験されると、その面白さが分かると思います。未経験の方からは「競馬新聞の見方も予想の仕方も分からない」という声をよく聞くのですが、一度、経験者の説明を聞くと結構、簡単に分かります。

 そして、日本では今年もいよいよ、21日に「フェブラリーステークス」(東京競馬場、ダート1600メートル)が行われてG1戦線の火ぶたが切られ、本格的シーズンを迎えます。

 JRA(日本中央競馬会)によると、競馬の売上金は平成9年度の約4兆円をピークに、21年度は2兆5900億円と減少傾向にあり、とくに20~30代という若年層の馬券購入比率が低下しているそうです。不景気や趣味の多様化などの影響もあると思いますが、一人の競馬ファンとしては寂しい限りです。

 ただ、競馬場や場外馬券場まで行かなくても、パソコンや携帯電話で馬券が容易に購入できる会員制度があり、その比率が格段に上昇していることから、今後の競馬人口や売上金の増加に期待を持てます。入会は銀行に口座を開いてインターネットで申し込めるので、ご興味のある方にはお勧めします。

 ということで、政治記者として競馬の予想の仕方を紹介してきましたが、国の政治に限らず、企業なども政治の縮図ですから、競馬は人生の先を読むトレーニングになると思います。ギャンブルというより、「知的トレーニング」として競馬を始めてみませんか。

【関連記事】
競馬予想の仕方とそっくり? 政治部記者もイメトレで訓練
ハマちゃんも仰天!息子・鯉太郎がJRA騎手デビューへ
2頭とも1着…競走馬からニコチン検出 熊本・荒尾
顔つきも精悍に!6人が競馬学校を卒業
“勝負服”盗難 レアグッズに群がる競馬ファンのゆがんだ心理

「小沢氏はシロではない」=谷垣氏(時事通信)
漁船の船長2人逮捕へ=位置情報切った疑い-海保(時事通信)
<水俣市長選>宮本勝彬氏が再選 熊本(毎日新聞)
退役「しらせ」、環境基地に=海自横須賀基地を出港(時事通信)
3月10日再投票を正式決定=日弁連会長選(時事通信)
コンテントヘッダー

首相動静(2月13日)(時事通信)

 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。(了)

広域連合協議 「議員1人以上」主張 福岡贈収賄 逮捕の町村会前局長(産経新聞)
掲示板で男児の裸画像を公開 容疑で男子高校生ら3人逮捕(産経新聞)
<調査捕鯨>シー・シェパード、レーザー照射で再び妨害(毎日新聞)
<首相官邸>実弾?入り封筒、小沢氏事務所にも(毎日新聞)
参院過半数確保で平野氏「あくまでも連立」(産経新聞)
コンテントヘッダー

iPodで盗撮、堺市職員を現行犯逮捕(産経新聞)

 20歳代の女性のスカートの中をデジタル携帯プレーヤー「iPod(アイポッド)」で盗撮しようとしたとして大阪府警西堺署は、迷惑防止条例違反(盗撮)容疑で堺市中区土塔町の市市民人権局職員、藤本真嗣容疑者(32)を現行犯逮捕した。府警によると容疑を認めている。

 逮捕容疑は、6日午後6時40分ごろ、堺市中区深井沢町の泉北高速鉄道深井駅にあるショッピングセンター「深井プラザ」のエスカレーターで、20代の女性のスカートの中にiPodを差し入れ、撮影しようとしたとしている。犯行に気づいた女性が藤本容疑者を取り押さえ、駆けつけた警察官に引き渡したという。

【関連記事】
バッグに仕込んだデジカメで女子高生盗撮 千葉大生を逮捕
真央“盗撮騒動”韓国側大会実行委員長が謝罪 フィギュア
スカート盗撮の現行犯、大阪府警の巡査を逮捕
民間人校長候補に盗撮歴発覚…問いつめられ辞退
こちらは女子高生の下着盗撮…容疑の神奈川県警警部補逮捕

<インサイダー取引>GWG子会社元会長に実刑判決(毎日新聞)
トヨタ社長、品質問題で陳謝=「プリウス」は早急な対応指示(時事通信)
普天間移設「首相信じたい」=稲嶺名護市長が初登庁(時事通信)
翌年度納入・差し替え…横浜市不正経理3億円(読売新聞)
ネット経由の買い物代行が人気 最新ファッション・北欧家具を気軽に(産経新聞)
コンテントヘッダー

山本病院事件 理事長ら逮捕 「あり得ない」執刀 肝臓手術は未経験(産経新聞)

 法人理事長の山本文夫容疑者(52)らが業務上過失致死容疑で逮捕された奈良県大和郡山市の医療法人雄山会「山本病院」(廃止)の患者死亡事件。山本容疑者は、かつて、名門の大阪大医学部付属病院旧第一外科の医局にも所属していた。手術の助手を務めた塚本泰彦容疑者(54)は、山本病院に勤務時代に地元医師会の業務などでトラブルが絶えず、山本病院を解雇されたという。

 山本容疑者は、今年1月、診療報酬詐取事件で有罪判決を受けたあと保釈され、兵庫県西宮市内の親族宅に身を寄せていた。6日朝、奈良県警の任意同行に応じた山本容疑者は黒のダウンジャケットのフードをかぶり、左手でフードの先を持ち、顔を隠して捜査車両へ乗り込んだ。

 山本容疑者が卒業した阪大医学部の関係者によると、山本容疑者は、一時期、臓器移植法に基づく脳死心臓移植を初めて手がけた阪大病院旧第一外科の医局に所属。心臓外科の専門医を目指したというが、あきらめたようだという。

 その後、大阪市内で専門外の眼科クリニックを開設したこともあった。奈良県医師会幹部によると、山本病院が平成11年に開院するにあたって、県医療審議会で審査した際、照会先の大阪府内の医師団体から「眼科クリニックには患者からの苦情が多く寄せられている」との情報があり、審議会が「開院は認めがたい」と答申した経緯もあった。

 今回の事件で山本容疑者は、経験がないのに肝臓手術を執刀したとされている。肝臓専門医によると、肝臓は出血しやすいため手術の難易度は高い。初執刀は、他の消化器の切除と、肝切除の助手をそれぞれ数十~50例積んだうえで、熟練医の指導を受けてのぞむ。未経験の医師だけの執刀は「あり得ない」という。

 ■塚本容疑者、トラブル絶えず

 一方の塚本容疑者。この日朝、大阪府藤井寺市内の自宅から任意同行された際には、顔全体を白色っぽいタオルで覆い、うつむいて力なく歩き、捜査車両に乗り込んだ。

 大和郡山市医師会によると、塚本容疑者は平成18年4月ごろから約4カ月間、山本病院に勤務。この間、医師会の業務で輪番した市内の公立小学校の健康診断の途中に無断で帰ったり、児童に暴言を吐いたりしたとして、医師会に苦情が寄せられたという。

 休日応急診療所の当番でも、患者から「診察の対応が悪い」「暴言を吐く」などと苦情が医師会に殺到した。

 応急診療所の看護師からも「投薬の量を看護師に決めさせている」との報告があったため、医師会は18年8月、山本病院を輪番から外すと文書で通達。これをきっかけに、塚本容疑者は解雇されたという。

 塚本容疑者が現在、勤務する大阪府八尾市内の病院では、この日午後も、塚本容疑者が内科の外来診察の担当になっていた。

 女性通院患者は塚本容疑者について、「熱心に診てくれるまじめな先生ですが…」と話していた。

                   ◇

 ≪一問一答≫

 塚本泰彦容疑者は昨年8月、産経新聞の取材に、山本病院の診療報酬詐取事件を批判する一方で、自らが手術に加わった患者死亡事件については口をつぐんだ。山本文夫容疑者は全く取材には応じていない。塚本容疑者の一問一答は次の通り。

 --一連の診療報酬詐取事件についてどう思うか

 「詐欺の事実は知らなかった。医者に対する世間の目が厳しくなった。あそこまでするかと思った」

 --山本病院勤務時に、肝臓がんで肝臓切除手術をしたか

 「守秘義務があるので言えない」

 --肝切除手術で亡くなった患者がいると聞いたが

 「山本被告に聞いたらどうか。山本病院の事件は詐欺で医療行為とは別件だ」

【中医協】10対1入院基本料にも看護必要度(医療介護CBニュース)
病院の療養病床、12か月連続で減少(医療介護CBニュース)
上海万博「大阪館」の概要発表 最先端の環境技術を展示へ(産経新聞)
<所得隠し>マルチ商法3社が90億円 仮想空間での投資話(毎日新聞)
森繁さん偲ぶ会 枚方市民ら1200人「知床旅情」合唱(毎日新聞)
コンテントヘッダー

「幻のチョコレート」日本初上陸 新宿で限定販売開始(産経新聞)

 限られた人にしか販売しないため「幻のチョコレート」といわれる米国の「イヴァン・ヴァレンティン」が日本に初上陸し、5日、新宿区新宿の新宿マルイ本館で販売が始まった。

 販売会社によると、このチョコレートはロサンゼルスにアトリエを構えるパティシエのイヴァン・ヴァレンティン氏が材料や製法にこだわり手作りしているもの。顧客は故マイケル・ジャクソンやジョディ・フォスターら有名人や、5つ星ホテルなどで、一般人は紹介がないと購入できないという。

 ヴァレンティン氏が世界有数のグルメ都市である東京での販売を希望したことから初上陸となった。

 この日は開店前から十数人の女性客が列を作った。女性会社員(31)は「ネットで話題で、自分へのごほうびに楽しみにしていました。じっくり味わいます」と話していた。

 味は「ダーク」「プラリーヌ」など4種類で、口溶けがよく、ほどよい甘みが特徴。販売は7000個限定。価格は2個1480円、6個3600円、12個6500円、24個1万2400円。

【関連記事】
女子アナのバレンタインデーは?
どっちのチョコが欲しい?Wで食べたい北川景子&益若つばさ
女同士の友チョコが人気 「告白」より気軽さ求め
バレンタインに…チョコ原料の焼酎「ロックがお薦め」
的場浩司プロデュースの新作スイーツ発表

株式会社の病院開設、評価見送りへ(医療介護CBニュース)
山本病院事件 理事長ら逮捕 「あり得ない」執刀 肝臓手術は未経験(産経新聞)
<雪だるま>歓迎の49個壊される 北海道旭川(毎日新聞)
名古屋ひき逃げ、運転者は20代ブラジル人(読売新聞)
ワイン万引き、とがめた店主殴る→事後強盗で逮捕(読売新聞)
コンテントヘッダー

朝起きたら1000万円盗難 茨城・古河の病院役員宅(産経新聞)

 5日午前6時50分ごろ、茨城県古河市諸川の病院役員の男性(88)方で、男性が居間の金庫などにあった現金約1050万円が盗まれていることに気付き、110番通報した。古河署が窃盗事件として調べている。

 調べによると、男性は5日朝に起床後、居間の机の引き出しにしまってあるはずの書類が出ていたことから、引き出しの中の現金約70万円と耐火金庫内の現金約980万円が盗まれていることに気付いた。室内を荒らされた形跡はほとんどなかったという。金庫の鍵は机の引き出しに入っていた。

 同署によると、玄関は施錠されていたが、施錠を忘れた窓もあり、壊された窓もないことから、何者かが施錠されていない窓から侵入した可能性もあるとみて調べている。

 男性は妻(80)と2人暮らし。2人は4日午後9時ごろ、就寝したという。

【関連:窃盗事件】
女性宅に男4、5人侵入…「部屋間違えた」携帯電話奪い逃げる
小5長男に見張りさせゴルフ場荒らし 無職の父逮捕
「AKBの追っかけ費」窃盗容疑で男を再逮捕
ひったくり少年に「偽ヴィトン買わない?」 タクシー運転手逮捕
「とくダネ!」小倉さんも被害 大規模窃盗で組事務所捜索

通称「4号機」を裏スロ店に納入 容疑で会社役員を逮捕(産経新聞)
無登録営業容疑 投資顧問会社を家宅捜索 警視庁(毎日新聞)
荒瀬ダム 12年度から撤去工事 熊本・蒲島知事正式表明(毎日新聞)
高速無料「恩恵は地方だけ」 都市住民には実質値上げ?(J-CASTニュース)
小沢氏の進退「本人が判断すること」…首相(読売新聞)
コンテントヘッダー

「必要生じれば説明を」=小沢氏問題で鳩山首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は4日午前、小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体の政治資金規正法違反事件に関し「(小沢氏は)説明責任を果たしていると思っている」とする一方で、「ただ、国民がどこまで理解するかというのは当然、いろいろある。必要が生じるとすれば、本人が説明するのではないか」と、小沢氏は引き続き説明責任を果たす必要があるとの認識を示した。首相公邸前で記者団の質問に答えた。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~4億円「知人から預かった」~
【特集】話題騒然 ファーストレディー
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
勃発した「藤井一派」vs「アンチ財務省」の暗闘~経産省と組んだ菅副総理~
難問山積 問われる首相の決断力~普天間、小沢氏団体問題にどう対応?~

<諫早湾干拓事業>国、県に開門要請へ 反対派漁協方針転換(毎日新聞)
<障害者基本法>抜本改正で推進会議一致 差別禁止法制定も(毎日新聞)
医療関係者への自殺対策研修を強化―政府が緊急プラン(医療介護CBニュース)
<JR東日本>夜行列車の一部運休 日本海側の大雪で(毎日新聞)
<雪あかりの路>小樽の町に、運河に、キャンドルの灯(毎日新聞)
コンテントヘッダー

区立中美術室から出火=全員避難、けが人なし-東京・江戸川(時事通信)

 5日午後6時ごろ、東京都江戸川区江戸川の区立瑞江中学校から「美術室から火が出た」と119番があった。警視庁小松川署や東京消防庁によると、同校3階の美術室から火が出ており、消火活動をしている。
 同署によると、校内には複数の職員がいたが、全員が避難し、けが人はいないという。 

【関連ニュース】
「座敷わらし」老舗旅館全焼=宿泊客ら全員無事

「政治主導確立法案」決定、国会に提出(読売新聞)
<センター試験>追試験始まる 972人対象に 31日まで(毎日新聞)
<中学入試>受験シーズン到来 私立人気、不況知らず? 併願数は減少傾向(毎日新聞)
毎日新聞世論調査 小沢氏 幹事長「辞任すべきだ」69%(毎日新聞)
民家火災で2人死亡=高齢夫婦か-山口・美祢(時事通信)
コンテントヘッダー

福岡県町村会、遠い透明化…会長逮捕後も非公開(読売新聞)

 福岡県町村会による詐欺・贈収賄事件で、贈賄容疑で逮捕された添田町長・山本文男容疑者(84)が会長を務める町村会の定例理事会が5日、福岡市博多区の県自治会館で開かれた。

 2日の逮捕後、初の理事会だったが、「内部の話し合い」という理由で非公開とした。事件への対応や、会長不在中の運営などについて話し合ったとみられる。会長やOBを含めた幹部職員が相次いで逮捕されるなか、閉鎖的な対応を続ける町村会の姿勢が改めて問われそうだ。

 定例理事会は月1回、開催されている。昨年11月に県警が事件を摘発して以降、理事会や会合は非公開が続き、会として県民にきちんとした説明もしていない。今回も開会に先立ち、報道陣が会合の公開を求めたが、町村会の小林征邦事務局長は「内部の会合なので、いちいち公開するものではない」と拒み、冒頭の写真撮影だけを認めた。

 会合は午前11時に始まり、山本容疑者を除く理事ら12人が出席。出席した首長の一人は開会前、「会長逮捕について話が出るかもしれないが、どのような内容を話し合うか分からない」と語った。

 小林事務局長は議題について、「今月開催する総会に向け、予算などについて協議する」と説明。協議の内容を公表するかどうかは、「理事会で話し合って対応を決める」とだけ答えた。

 前県副知事・中島孝之容疑者(67)(収賄容疑で逮捕)が町村会の裏金による接待疑惑で辞任した後の1月に開いた理事会やセミナーでも、同会は「内部の会合」を理由に非公開としていた。首長からも「本来は隠すべき内容ではない」(近藤進也・水巻町長)などと、批判の声が上がっていた。

 町村会を巡っては、山本容疑者と共謀して、中島容疑者にわいろを贈ったとして前事務局長・笹渕正三容疑者(80)が贈賄容疑で逮捕された。また、架空の物品発注で裏金を作ったとして、現職とOBの幹部職員2人も詐欺罪で起訴されており、組織ぐるみで不正が行われていたとの指摘も出ている。

【健康】治らない「胃痛」 薬は症状に合わせて服用を(産経新聞)
首相動静(1月30日)(時事通信)
火災 給食室の一部焦がす 大阪・住之江の小学校(毎日新聞)
バレエ 15歳・佐々木さん3位に入賞…ローザンヌ国際(毎日新聞)
韓流呼び込め、ロケ地に「アイリス」ゲレンデ(読売新聞)
コンテントヘッダー

厚揚げパックに待ち針=スーパーで客が購入-山口(時事通信)

 山口県警防府署は31日、同県防府市内のスーパーの食料品売り場で販売された厚揚げから、待ち針1本が見つかったと発表した。購入した女性客にけがはない。同署は偽計業務妨害の疑いもあるとみて調べている。
 同署によると、女性は30日午後、厚揚げ4個入りのパックを購入。夕食の際の調理中、針が刺さっているのに気付き、店に連絡した。 

【関連ニュース】
「中学爆破する」市に予告メール=小学校含み休校に
食パン2袋から針=13日にも同店舗で3本
刺身と菓子パンから針=三重
つみれ汁にも針混入=同じスーパーで3本
ネットでホテルにカラ予約=2万8000室か、ポイント目当て-2人逮捕・警視庁

「小沢幹事長や鳩山がお騒がせ」首相が陳謝(読売新聞)
捕鯨妨害、調査に協力を=岡田外相(時事通信)
追及1年、巨額資金暴く=「本丸」到達せず-東京地検・小沢氏不起訴(時事通信)
石川議員を保釈=深く一礼、無言で車へ-大久保、池田被告も・陸山会事件(時事通信)
午前9~10時に殺害か=同居の男、電器店に立ち寄る-鳥取不審死(時事通信)
コンテントヘッダー

小沢氏、自民離党の田村議員に民主入り要請(読売新聞)

 民主党の小沢幹事長は5日、昨年12月に自民党を離党した無所属の田村耕太郎参院議員(鳥取選挙区)と党本部で会談し、「日本のために力を貸してほしい。お互い知恵を出そうじゃないか」と民主党入りを要請した。

 田村氏は、支持者と相談したうえで改めて回答する考えを伝えた。会談は小沢氏が呼びかけた。民主党は1人区の鳥取選挙区で既に新人の立候補予定者がいるため、今年改選の田村氏には比例での出馬を求める考えと見られる。

タウンニュース社員が相場操縦 課徴金25万円納付命令勧告(産経新聞)
前副知事「わいろの認識ない」=福岡県町村会汚職で弁護人(時事通信)
小沢氏進退発言「やっと言った」=自民参院幹事長(時事通信)
<住民投票法案>策定へ 条例を自治体に義務付け(毎日新聞)
小沢氏再聴取、見送りへ=関与捜査は継続-政治資金規正法違反事件(時事通信)
コンテントヘッダー

狐の嫁入り道中 花婿と花嫁が面つけて…三重・四日市(毎日新聞)

 節分の3日、三重県四日市市海山道(みやまど)町の海山道稲荷神社(林一翁宮司)で、厄年の男女がキツネの面をつけて花婿と花嫁を演じる神事「狐(きつね)の嫁入り道中」が行われた。

 今年の主役は、氏子から選ばれた花婿役の会社員、田中宏明さん(23)と花嫁役の高校2年、畦地和音さん(17)。赤鬼と青鬼の先導で境内を練り歩いた後、特設の舞台で結婚式に臨んだ。仲人役がキツネの鳴き声をまねて「コーン、コーン」と祝福すると、三三九度の杯を交わして夫婦となり、福豆をまいて見物人の招福を祈願した。【井上章】

前原国交相チクリ「私はメールで代表辞めた」(産経新聞)
<潜水艦事故>おやしお艦長ら不起訴 鹿児島湾で漁船と接触(毎日新聞)
2次補正予算が成立(時事通信)
埼玉不審死、きょうにも再逮捕 交際男性殺害の疑い(産経新聞)
名古屋ひき逃げ 車内に毛髪、血痕…逃走の男女、負傷か(毎日新聞)
コンテントヘッダー

<毎日・DAS高校生デザイン賞>大阪で表彰式(毎日新聞)

 デザインを学ぶ高校生が感性と想像力を競う「第24回毎日・DAS高校生デザイン賞」(DAS=総合デザイナー協会、毎日新聞社主催、サントリー協賛、大阪成蹊大芸術学部協力)の表彰式が30日、大阪市住之江区南港北2のATCビルであった。

 インテリア部門の作品「GO・5・五輪ジャー」で最優秀賞の「銀の卵賞」を受賞した広島県立府中東高3年、野村亮太さん(18)、松浦愛莉さん(18)、平田敏貴さん(17)、前田彩伽さん(18)、四茂野麻衣さん(18)をはじめ、部門賞受賞者らに賞状と副賞が贈られた。野村さんは「仲間と協力して作り上げる楽しさや面白さを学ぶことができた」と喜びを語った。

【関連ニュース】
暴行容疑:毎日新聞社員を逮捕 羽田で保安検査員を殴る
毎日写真コンテスト:東京で表彰式
毎日写真コンテスト:優秀作品展始まる 東京・赤坂で
新聞労連:毎日新聞の視覚障害者擁護の報道が優秀賞に
長妻厚労相:「貧困などでの損失」数字で 毎日新聞取材に

王将戦第2局 羽生の勝利で1勝1敗(産経新聞)
「ラブ・コネクション」運び屋はカノジョ(読売新聞)
がん治療用ワクチンの製造販売で大塚製薬と契約―扶桑薬品工業(医療介護CBニュース)
西武有楽町店閉鎖 後継テナントいるのか(J-CASTニュース)
元朝日新聞記者の敗訴確定 記事不掲載訴訟(産経新聞)
コンテントヘッダー

外国人参政権 「発想おかしい」各地で反対決議(産経新聞)

 鳩山内閣が進める外国人参政権をめぐる問題では、最近、自治体レベルの反対決議が相次いでいる。昨年12月以降、市町村議会では愛媛県松山市や今治市、福岡県直方市、茨城県常総市、埼玉県吉川市などで反対決議が採択された。

 都道府県議会でも熊本、香川、埼玉、佐賀、秋田、山形、新潟など14県議会が反対採択。かつて推進の意見書を採択した34都道府県でも、茨城や千葉、石川、富山、島根、佐賀、長崎、大分の8県が参政権付与が現実味を帯びるにつれ、反対に転じる動きが広がっている。

 全国都道府県議会議長会では「民主主義の根幹にかかわる問題で、拙速に法案提出や審議されるべき案件ではない」とする特別決議を採択した。

 首長からも付与への反対論が相次ぎ、石原慎太郎東京都知事は「絶対反対。発想そのものがおかしい」と批判。民主党系の上田清司埼玉県知事も「基地問題など外交、安全にかかわる話が市長選のテーマになることもある。国の運命を左右する話には、日本国籍を持った人が投票すべきだ」と話している。

「黒い雨」由来の放射性物質、初めて確認(読売新聞)
作家・佐々木譲 東京が舞台では書けなかった(産経新聞)
1月前半寒く、後半温暖=降雪量少ない-気象庁まとめ(時事通信)
【いきいき】新江ノ島水族館長・堀由紀子さん 「一番大切なのは環境教育」(産経新聞)
<衆院本会議>1日から代表質問(毎日新聞)
コンテントヘッダー

<救急車連絡ミス>搬送男性が死亡 東京消防庁(毎日新聞)

 東京消防庁の救急車が昨年12月、急患の搬送依頼の電話を誤って別の病院にかけてしまい、患者受け入れまで2時間近くかかっていたことが分かった。搬送された東京都目黒区の男性(73)は受け入れ後に死亡し、同庁は連絡ミスを認めて遺族に謝罪した。行政と医療機関、有識者らで作る都メディカルコントロール協議会が、27日から検証を始めた。

 同庁と都災害救急医療課によると、昨年12月24日午後3時半ごろ、男性方から頭痛などを訴える119番があり、救急車が出動。救急隊員は近くの2次救急医療機関を搬送先に選んだが、誤って違う病院に電話で照会し、到着までミスに気付かなかった。

 この病院は別の急患の処置中で、受け入れできないと説明。救急隊員が電話をしていた病院でも、より高度な設備のある病院での処置が必要と判断され、別の病院を探して運ばれるまで約1時間45分かかったという。男性は受け入れ後に大動脈からの出血で死亡した。【清水健二】

【関連ニュース】
押尾学被告:女性死亡で無罪主張の方針 弁護人が会見
耐震化:基準クリアは62% 災害拠点病院など厚労省調査
診療報酬改定:勤務医の負担軽減…骨子案まとまる
中医協:救急軽症患者の特別料金ルール化で協議
ハイチ大地震:各国が支援急ぐ 米は空母を派遣

関東大震災、朝鮮人虐殺の犠牲者 授業で根拠ない「6600人」 日教組教研集会(産経新聞)
<長崎漁船沈没>第2山田丸の船名を再確認 水中カメラで(毎日新聞)
「おわびをさせてください」加藤被告、背筋を伸ばして謝罪(産経新聞)
<偽1万円札>東北4県で相次ぎ見つかる(毎日新聞)
<新幹線事故>切れた吊架線、85年以降交換せず 老朽化か(毎日新聞)
コンテントヘッダー

<学生音コン>入賞者演奏会と表彰式 東京大会(毎日新聞)

 第63回全日本学生音楽コンクール(毎日新聞社主催・NHK後援、協賛=ANA、毎日ビルディング)東京大会の入賞者発表演奏会と表彰式が30日、東京・千駄ケ谷の津田ホールで行われた。

 昨秋の東京大会はピアノ、バイオリン、フルート、声楽の4部門に、小学から大学・一般の部まで計832人が参加し、49人の入賞・奨励賞者が選ばれた。予・本選の場でもあった同ホールで、各部門各部の入賞者が、それぞれ得意の曲に思いを込め演奏、温かい拍手に包まれた。

 表彰式では、主催者を代表して堂馬隆之毎日新聞事業本部長があいさつ、杉浦晃NHK音楽・伝統芸能番組部長らから各賞が贈られた。

【関連ニュース】
モーツァルト:「神童」の弾いたバイオリンで演奏披露
学生音コン:入賞者ら決まる 声楽・高校の部など
学生音コン:バイオリン高校1位は大江さん
生きる:横浜でクラシック演奏 病気の子ら2千人を魅了
生きる:小児がん征圧キャンペーン 小6熱演、子供に勇気 前橋さん・辻井さん演奏会

車内に缶詰、「疲れ果てた」…新幹線トラブル(読売新聞)
【新・関西笑談】火を噴くアーティスト(5)現代美術作家 ヤノベケンジさん(産経新聞)
「誰でもやじりたくなる」=亀井氏、野党批判に反論(時事通信)
地元住民と初の意見交換=八ツ場ダム中止問題で-前原国交相(時事通信)
「第2の氷河期作らない」経団連・連合が声明(読売新聞)
プロフィール

Author:いちのへきよいち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。